FC2ブログ
HOME>TRPG

みっどがるびぃーつ

 二日連続TRPG。
 初日はナイトウィザード。二日目はアルシャードフォルテッシモ。

 初日・・・よりもちょっーと前。既存キャラのレベル上げ作業。しかしながら殆ど作り直しに近い。
 何せ最初期に作ったキャラクター。粗も多けりゃ間違いも多く、結局今回のヒーラーである「鳥居千歳」をリビルド。アタッカーその1である「黒崎啓介」を悩み抜いた末にレベルアップ。一番悩んだのは《伝承技能》で取る特技。《護法剣》(魔法防御の判定を攻撃力でできる特技)にしたけど・・・本編で使う機会なんて・・・なかったよ・・・、うう、重複できないのに・・・。

 本編。
 啓介の所持している遺産エクスカリバーや、ナナシア君のキャラクターが所持している剣が「実は魔王の武器の一つだったんだよ!」「な、なんだってー!」なシナリオ。
 各キャラクターが何らかの因縁を持っているという設定になり、うちの千歳も命の泉の精霊の転生体であることが明らかに!!

 そうだったのかー

 しかしまぁ、ミドル戦闘で啓介がやたらとファンブルを振る。
 都合3回も命中判定でファンブルを出して、
「ぐうっ!む、《無限の追憶》でクリティカルに変えます・・・」とか「《無限の追憶》・・・はクライマックスに取っておきたいから、幸運の宝石を割ります!」とか「《無限の追憶》・・・いや・・・ファンブルで良いです・・・」
 ってな感じ。切ない。

 啓介とは結構対照的にクライマックスからミドルにかけて、千歳大活躍。《治癒力UP》や《生命符》で回復量大幅アップ!さらにクライマックスではHPがやばかったディフェンダーに《完全治癒》!すげえ!千歳すげえ!

 メイン戦闘ではファンブルこそないモノのクリティカルもなく・・・啓介は目立ちませんでした。
 ・・・ロールで満足するしかねぇ・・・泣いてないよ!これは涙じゃなくて汗だからな!最近暑いなあ・・・!



 二日目。
「貴様らも高レベルアルシャードの世界に引きずり込んでくれるわー」とばかりに始まる。
 クエスターレベルは5で、クラスはそれぞれ以前に興味を持っていたクラスに。・・・すなわちメロウ・ゾルダート・パンツァーリッターである。あ、僕はメロウです。
 というわけで、こんなかんじ。

 名前:リーンネル・ピスクロック
 種族:メロウ
 クラス:メロウ(3)
     ブラックマジシャン(2)

 海の邦ヴァナヘイムから、世界的に偉大なロックスターになるべく世界に旅立ったメロウ。・・・たまにトンデモ設定なのをやりたくなるんです。
 シャードの形状は三角!装備はマジシャンズロッド…相当のギター!シャードをピックに使うと云う神をも恐れぬクエスター。
 コネクションでグラーフ船長(十中八九飛行船が落ちる船長)が同行者と言う関係に。船が落ちた経験も曲に変えるぜ!

 さて本編。

 新帝国に追われている脱走兵「ツヴァイハンダー」(ゾルダート)。
 彼を助けてくれた少年「ニルス」はツヴァイハンダーにひとつの願いをする
「姉を助けてほしい」そう告げた後、新帝国につかまってしまう。
 時を同じくして、ニルスと其の姉の住む村にはヤシマ国からの流れのサムライ「ランディ・ゾンボルト」がたどり着いた。二人の親代わりであり、酒場と宿屋を営むマスターは彼に依頼する。
「ニルスと、ニニアンを助けてほしい」
 其の少し後。
 ギターを担いで、一人の…それとは一目でわからないがメロウの「リーンネル・ピスクロック」が宿にやってきた。
 一晩の宿を求めたリーンにマスターはランディにしたそれと同じ内容の依頼をするのであった。


 とまぁ、こんな感じで。
 脱走兵で、自身の今までの罪を許しきれないツヴァイハンダー、馬型・バイク型・鎧型に変形するマシンを駆り武人として奈落を斬るランディ、ロックで世界を救おうとするリーンの奇妙な旅の開始です。

 リーンの話。

マスター:『宿を探しているなら10ゴルトでいいよ』
リーン:5ゴルトにしてよ!
マスター:『あんた吟遊詩人か何かかい?』
リーン:吟遊詩人?違うね、アタシはロックスターさ!!
マスター:『そうか、それなら歌を歌って店を沸かしてくれないか?』…まぁ、ファンブルしなけりゃ楽勝ですね。
ランディ(PL):それならいくらなんでも成功でしょう!
リーン:まーかせて!アタシの歌を聴けーっ!(ころころ)・・・って、ふぁ、ふぁんぶるぅぅぅぅぅ!?

 初っ端からひどい事になったが概ねほかのプレイヤーには好評。
 キャラの方向性が決まってしまいそうだ。

 そして戦闘面ではこつこつダメージを重ねたり補助したり。
 セットアップに《魔歌:黄金の輝き》!そしてメジャーは《魔歌:青の叫び》!おお・・・なんて便利な・・・。
 相手のヤバイ攻撃は《エーギル》でファンブル!相手の《ヘイムダル》にも《エーギル》!相手の嫌なタイミングでの《オーディン》にはこっちも《オーディン》!
 今更だけど加護偏ってる!!

 しかし・・・活躍した風に見えるのだが実感が無い・・・なんでだ・・・打点が低いからか・・・?


 なんにしても久しぶりのアルシャード楽しかった!
 ナイトウィザードもいいけどアルシャードもやっぱ楽しいな!
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://bringer.blog18.fc2.com/tb.php/413-8f2edead

コメント

ナイトウィザード
実はディフェンダーのクリスに関しては因縁一切ナッシングだったと言う(´・ω・`)
あーうー、えーっと
アンゼロット場に工房がある設定のおかげで戦う気力が

つ、次の話でピックされるのかもよ!使うのか知らんけど!
次に使うときにはレベルが下がりそうでこわいっすw


いやマジで(´・ω・`)
魔剣使いの定めよ…
ちかたないね

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】