HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>TRPG

好き嫌いなく生きるとかそういう器用なことできませんですしおすし

 TRPGをやる上で好きなキャラ嫌いなキャラはできると思う。


 つい先日Mcさん宅からの帰り道でクロベと「王道いいよね!王道!」ってな感じの話をしていた。
 まぁ、その時は要約しまくると「PC3くらいのキャラが好きですウェヒヒ」くらいの話をしたのだが(もっと突っ込んだ話もした、と思う)
 あらためて考えるにどんなのがいいのか。


 まず好きなキャラだ。
 パーソナルというかなんというか、種族萌えは別としてロリババアとか好きですが、それ以外にも頼れる兄貴肌とか、少しすれたおっさんとか、いざというときは格好いいけど普段はダメっぽい人とか好き。
 クール系も好きなんだけど、演じるのは難しいよな。
 
 色々あって、女の子キャラを使うことも多いんだけど(ごめんね)、ちょっと馬鹿っぽいのとか好きだな。




 で、問題は嫌いなキャラっすよ。
 これについて上げると荒れかねんのだが、なんというか、多分、天才系って、僕ダメだ。

 天才っつっても色々あるんだけど
「フフッ、こんな事も解らないんですか?」みたいなのはいいわ、そういうのは別にいいわ。問題ない。いや、あまりにも馬鹿にされすぎるとイラっ☆とくると思うけど。
 僕が苦手なのは、何でも魔法のようにやっちゃう天才。
 ちょっと良くわからん表現で申し訳ないのだが

 魔法も科学も万能ではないだろう、って話で。
 なんというか「なんだも魔法で出せるよー」とか「何でも一瞬で作れるよー」とかが多分、駄目。
 
 細かいんだけど、

「俺の魔法にかかればこのような封印へでもないわ」はOK
「アレが欲しいの?出せるよホラ」は駄目。

「ふっ!時間はかかったがやはり俺は天才だ!こんなものを作り上げてしまったぞ!」はOK。
「ああ、なに、それ?(間)ほら、これでいいの?」は多分ギリ駄目。


 ・・・いや、言い方なのかもしれないけど、やり方なのかもしれないけど。
 ああ、そして何が言いたいのかわかんなくなってきたぞ。



 まぁ、ロールって難しいよねって話です。
 あれ?そんな話だっけ?
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://bringer.blog18.fc2.com/tb.php/704-1e6e33bf

コメント

描写として説得力を感じない天才描写がアカンってことですね。俺もそう思います。
 
俺がクールとか天才作ろうとすると天然ボケ気質を含めることが多いんですが、
実を言えばあまり嫌味にならないようにという配慮以上に
あまりシリアスすぎても恥ずかしいという照れ隠しが大きかったり。
多分、君は嫌味な神気質の存在が嫌いなんだろう。
俺?俺は天才とかやんねーわ、説得力出せないからwwww

ポルポルきゅん>自分の存在に落ちをつけるって大事よ。
TRPGか…

久々にやりたいなぁ…

天才とかより狂人の方が萌えるから天才はよくわかりません(ドヤぁ
ちなみに僕も天才キャラとか無理よ。だって馬鹿だし、説得力あることもできないしね。
自分の分をわきまえているという程でもないけど、できないキャラはなるべく避けたい。でも憧れとかもあってやっちゃうこともあるわな(そして失敗するというお決まりのパターン)

萌える萌え無いで言えば天才よりは狂人の方が好きだとは思う。
でも、自分に余裕が無い時には絡みたくねぇなぁ・・・という気持ちもある。難しいね。


>嫌味な神気質の存在が嫌い
かもしれにゃい。

コンシューマーとかなら我慢できるんだけどな。 

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。